2歳王者グッドマジックが1番人気のファウンテンオブユースS

昨年のブリーダーズカップジュベナイル(G1)を楽勝した2歳王者グッドマジック(父:カーリン)は今週土曜日のガルフストリームパーク競馬場で行なわれるファウンテンオブユースS(G2)で3歳初戦を迎えます。

この1700mのレースはケンタッキーダービー(G1、ダ2000m、チャーチルダウンズ競馬場)のステップレースで優勝馬には50ポイント与えられます。2着から4着馬までそれぞれ20ポイント、10ポイント、5ポイントとなっています。

シャンパンS(G1)で2着に入ったグッドマジックでしたが、ブリーダーズカップジュベナイルを快勝する前は未勝利馬でした。ジュベナイルでは1番人気に支持されていたG1の2勝馬ボルトドーロ(父:メダグリアドーロ)が外枠から終始外を回らされ3着に入るのが精一杯だったので、上手く立ち回ったグッドマジックが4馬身以上の差をつけて勝ちました。この結果を受けてエクリプス賞の投票でもグッドマジック(131票)がボルトドーロ(113票)を上回り、2017年の2歳チャンピオンになりました。

ガルフストリームパーク競馬場で2戦2勝の快速馬ストライクパワー(父:スパイツタウン)もダービー路線に向かいます。昨年12月の1100mのデビュー戦を8馬身差で圧勝した後、今年1月のスウェイルS(G3、ダ1400m)でも2馬身¾ 差で勝利しました。

デール・ロマンス調教師の管理する3頭が出走します。ブリーダーズフューチュリティS(G1)優勝馬でホーリーブルS(G2)でも2着の実績を持つフリードロップビリー(父:ユニオンラグズ) 。ケンタッキージョッキークラブS(G2)3着のプロミセスフルフィルド(父:シャックルフォード)。平場を勝ったばかりのストームラナー(父:ゲットストーミー)です。

他にも5頭が出走します。1800mのウィザースS(G3)で3着だったマルコニ(父:タッピト)は初めてアケダクト競馬場を離れます。最近の未勝利戦を11馬身差で楽勝したマチズモ(父:モアザンレディ)。マーク・カース調教師の管理馬ヒーテイクスチャージ(父:タピット)。スウェイルS(G3)2着のガッタゴー(父:シャンハイボビー)とグレイ(G3)で2着の実績を持つペッパード(父:タピザー)です。

最新ニュースと情報を購読する:
Thank you to our sponsor