Santa Anita Derby Preview

歴史あるケンタッキーダービー前哨戦、サンタアニタダービーに13頭が挑む

5月6日にケンタッキー州チャーチルダウンズで行われるケンタッキーダービーへ向けた「Road to the Kentucky Derby」戦線が、いよいよ最終局面を迎えます。4月8日にサンタアニタで行われる西海岸の主要な前哨戦、G1サンタアニタダービー(ダート、1900m)は、1着100点、2着40点、3着20点、4着10点のケンタッキーダービー出走枠ポイントが設定されています。ダービープレップで獲得したポイント上位20頭が、ケンタッキーダービーへの出走権を獲得できます。

サンタアニタダービーで最有力馬の1頭と目されているのが、2月12日にサンタアニタパークで行われたG2サンヴィンセンテS(ダート、1400m)で7馬身差圧勝したイリアッド(牡3、オニール)です。前走、3月11日にサンタアニタパークで行われたG2サンフェリペS(ダート1700m)で2着と好走しました。

2012年に管理馬アイルハヴアナザーでサンタアニタダービーを制し、その後ケンタッキーダービー制覇を果たしたダグ・オニール調教師は、G2サンフェリペS3着のタームオブアート(牡3)、アケダクト競馬場で開催されたG3ゴーサムステークス(ダート、1700m)6着のソーコンフレイテッド(牡3)、そしてミルトンフリーウォーター(牡3)の3頭を送り込む予定です。

また、サンタアニタダービーをこれまで7度制しているボブ・バファート調教師の管理馬から、1月7日にサンタアニタパークで行われたG3シャムS(ダート、1600m)で2着に好走し、1番人気に押された3月18日にオークローンパークで行われたG2レベルS(ダート、1700m)で10着と大敗したアメリカンアンセム(牡3)。そして、これまで3戦すべて3着以内のタピット産駒リーチザワールド(牡3)。さらに、1勝馬アイリッシュフリーダム(牡3)の3頭が出走を予定しています。

ゼニヤッタの調教師として知られるジョン・シェリフス厩舎から2頭が出走を予定しています。10月1日にサンタアニタパークで行われたG1フロントランナーS(ダート、1900m)とG3シャムSを制したゴームリー(牡3)は、前走G2サンフェリペSで4着に敗れましたが、イリアッドに続く2番人気となっています。ロイヤルモー(牡3)は2月4日にサンタアニタパークで行われたG3ロバートルイスS(ダート、1700m)に優勝した後、前走G2レベルSで9着に敗れています。


その他の出走予定馬は、2月25日に行われた未勝利戦に優勝したキムベアー(牡3、クラルジャック)、2月20日の未勝利戦勝ち馬コンマシスター(牡3、パパプロドゥロモウ)、G1フロントランナーS4着ミッドナイトプレジャー(牡3、ルイス)、G2サンヴィンセンテS3着のバトルオブミッドウェイ(牡3、ホレンドーファー)らがいます。

最新ニュースと情報を購読する:
Thank you to our sponsor