良血メンデルスゾーンがUAEダービーを18馬身の大差で勝利

331日:UAEダービー(G2、ダ1900m、メイダン競馬場)

1着:メンデルスゾーン(父:スキャットダディ)100ポイント

2着:ライヤ(父:ティズワンダフル) 40ポイント

3着:リライド(父:キャンディライド) 20ポイント

4着:ゴールドタウン(父:ストリートクライ)10ポイント

ケンタッキーダービー最大のステップレース、UAEダービー(G2)で、メンデルスゾーンが18馬身差で圧勝し100ポイントを獲得。ケンタッキーダービーの出走を決めました。

3月31日のドバイのダートコースは先行馬に有利な馬場で、ライアン・ムーア騎手とメンデルスゾーンは振り返ることなく楽に他馬を突き放しました。勝ちタイム1:55.18はコースレコードでした。

2着に入った牝馬ライヤはこれからアメリカのバファート厩舎に転厩し、ケンタッキーオークス(G1)に出走予定です。3馬身差の3着にはサンランドダービー優勝馬リライドでした。1番人気のゴールドタウンは4着でした。

メンデルスゾーンは最優秀牝馬ビーホルダー(父:ヘニーヒュース)の半兄弟。2歳の秋にデゥハーストS(G1、芝1400m)で2着でした。2歳の最終戦ブリーダーズカップでは2馬身差で勝ちました。

メンデルスゾーンは今回ドバイで初ダート戦に向かう前に、アイルランドのオールウェザー1600mのパットンS(3月9日)を¾馬身差で勝っていました。

UAEダービーを勝ったオブライエン調教師は次のようにコメントしています。

「すごく嬉しいです。前走後、さらに良くなりました。スキャットダディ産駒なので、血統的にダートは合うだろうと思っていましたが、これだけの結果だとは想定もしないほど素晴らしいパフォーマンスでした。距離適性に関しては未知の部分がありましたが、大丈夫そうですね。逃げて勝つのは難しいけど、スピードの違いで逃げました。セールで見たときから良い血統で、馬体も立派でした。当然ながら落札価格は高くなりましたね。ケンタッキーダービーでの活躍も楽しみにしています。この馬は素晴らしい。まだ興奮しています!」

Mendelssohn sold for $3 million at the Keeneland September sale.

メンデルスゾーンは2016年のキーンランド・セプテンバー・セールの最高落札馬300万ドル(約3億円)でした。

最新ニュースと情報を購読する:
Thank you to our sponsor