ゴームリーがサンタアニタダービーを優勝し、重賞3勝目を挙げた。

これまで逃げていたゴームリー(牡3、シェリフス)だったが、サンフェリペステークス(3月11日、G2、ダート、1700m、サンタアニタパーク競馬場)で4着。その後、ジョン・シェリフス調教師は控えさせる調教をしてきた。

サンタアニタダービー(G1、ダート、1900m、サンタアニターパーク競馬場)ではこの脚質転換が吉と出た。バトルオブミッドウェイ(牡3、ホレンドーファー)、アメリカンアンセム(牡3、バファート)、ロイヤルモー(牡3、シェリフス)の3頭が前半3/4マイルを1分10秒92のハイペースで逃げる展開。好位でレースを進めたゴームリーが直線で脚を伸ばし、2着のバトルオブミッドウェイに半馬身をつけて勝利した。ゴームリーと同じ馬主、調教師のロイヤルモーは3着だった。

ゴームリーはこの勝利で選定馬ポイントを100ポイントを獲得。合計152ポイントとなり、ダービーリーダボードの2位となった。また、バトルオブミッドウェイも40ポイントを獲得し、16位。ケンタッキーダービーのフルゲートは20頭のため、リーダーボードの1〜20位までが出走できる。

最新ニュースと情報を購読する:
Thank you to our sponsor