「ロード・トゥ・ザ・ケンタッキーダービー」もいよいよ最終局面へ。1着100ポイントが付与されるダービープレップレース、アーカンソーダービー(G1)に2歳王者クラシックエンパイアが出走予定。

昨年ブリーダーズカップジュヴェナイルに優勝後、ケンタッキーダービー有力馬と目されていたクラシックエンパイア(牡3、カース)は、今季初戦のホーリーブルステークス(G2、ダート、1700m、ガルフストリームパーク競馬場)で3着に敗退。ケンタッキーダービー出走枠をめぐる現段階の獲得ポイントは32ポイントで、15日に行われるアーカンソーダービー(G1、ダート、1800m、オークローンパーク競馬場)で4着以内に入ることができれば、ケンタッキーダービー戦線上位に再び浮上する可能性があります。

アーカンソーダービーの1番人気に予想されているのが、3月18日に行われたレベルS(G2、ダート、1700m、オークローンパーク競馬場)に優勝し、これまで3戦3勝のマラガシー(牡3、プレチャー)です。今回、初距離となる1800mでのパフォーマンスに注目が集まっています。マラガシーは50ポイントを獲得しており、第12位となっています。

G2レベルS2着ソンネティーア(牡3、デザーモ)、3着アントラップト(牡3、アスムッセン)、4着ペトロヴ(牡3、モケット)5着シルバーダースト(牡3、モースル)、6着ルーキンアットリー(牡3、アスムッセン)もアーカンソーダービーに駒を進めてきます。中でも、アントラップトは1800mを得意としており、ここで巻き返しを図ると思われます。

その他、ロッキンルビ(牡3、オニール)、グランドパーズドリーム(牡3、ハートマン)、ラウディザウォリア(牡3、ヴォン・ヘメル)、ワンドリーミーデュード(牡3、ヴァン・バーグ)、コンクエストモマネー(牡3、ヘルナンデス)が出走を予定しています。

アーカンソーダービーの獲得ポイントは1着100点、2着40点、3着20点、4着10点です。フルゲート20頭のケンタッキーダービー出走枠へ向けて、各馬は最終調整に入っています。

最新ニュースと情報を購読する:
Thank you to our sponsor