無敗のマグナムムーンがアーカンソーダービーで4連勝へ

1番人気マグナムムーン(父:マリブムーン)はレベルS(G2)でケンタッキーダービーのステップレースに出走し、出走可能な50ポイントを獲得しました。トッド・プレチャー師の管理するマグナムムーンは、レベルSと同じ競馬場で今週のアーカンソーダービー(G1、ダ1800m)に出走します。

マグナムムーンは既にレベルSを勝ち、ケンタッキーダービーの出走権を持っています。1月のガルフストリームパーク競馬場のデビュー戦で逃げて4馬身半差で快勝しました。その後、タンパベイダウンズ競馬場に移動して2馬身差で一般戦を勝利。レベルSでは3番手から差して直線で力強い末脚で3馬身突き放して勝ちました。今週末のレース前に2回行なわれた追い切りの動きも抜群でした。

レベルSで2着のソロミニ(父:カーリン)はまたもや悔しい競馬になりました。バファート厩舎のソロミニはブリーダーズカップ(G1)とフロントラナーS(G1)でも2着。今回2番人気ですが、今度こそ勝ってウイナーズサークルに戻りたいところです。

タンパベイダービー(G2)の優勝馬クイップ(父:ディストーテッドヒューマー)は逃げる模様です。3番人気になりそうなクイップは4戦3勝ですが、タンパベイダービーでは評価が低く単勝オッズは19倍でした。

コンバタント(父:スキャットダディ)は4連戦の重賞で入着して、レベルSでは2着のソロミニにハナ差の3着でした。今週末のレースでは追い込みに徹するそうです。

最新ニュースと情報を購読する:
Thank you to our sponsor