番人気のアイリッシュウォークライが3馬身1/2差でウッドメモリアルSを制した。

アイリッシュウォークライ(牡3、モーション)はレース前の選定馬ポイントが10ポイントで、ケンタッキーダービー出走は微妙だったが、ウッドメモリアルステークス(G1、ダート、1900m、アケダクト競馬場)を快勝し、100ポイントを獲得。ダービーリーダボードの4位に浮上し、出走権を獲得した。

ホーリーブルステークス(G2、ダート、1700m、ガルフストリームパーク競馬場)を3馬身¾差で圧勝し、デビューから3連勝。続く3月4日のファウンテンオブユースステークス(G2、ダート、1700m、ガルフストリームパーク競馬場)で7着に敗れ、ダービー出走へは2着以内が条件だった。3番人気を集めたウッドメモリアルSでは大外枠からスタートし、道中は好位を追走。直線に入り口で逃げたバタリオンランナー(牡3、プレッチャー)に並びかけると、ラスト200mから力強い脚で突き放し、3馬身1/2差をつけた。

1番人気バタリオンランナーは2着で選定馬ポイント40ポイントを獲得し、リーダーボード18位。3着のクラウドコンピューティング(牡3、ブラウン)は19位となり、ともにケンタッキーダービーに出走可能となった。

ケンタッキーダービーのフルゲートは20頭のため、リーダーボードの1~20位までが出走可能だ。

最新ニュースと情報を購読する:
Thank you to our sponsor